自律神経失調症 原因

自律神経失調症の本当の原因とは?

自律神経失調症は誰でもなる可能性がある病気です。

 

自律神経失調症とは、『明らかな体や心の不調があるのに、
検査では何の異常も見られない』状態をいいます。

 

たとえば、『吐き気』や『胃のムカつき』などの症状がある場合、
検査で胃に異常が見られれば『胃炎』などの病名がつきます。

 

このとき、『食べ過ぎ』や『飲みすぎ』などの
病気に対する原因があるはずです。

 

では、『自律神経失調症』の場合はどのような原因があるのでしょうか。

 

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の
バランスが乱れるために起こります。

 

自律神経失調症の原因は不明?

 

では、どうして『バランスが乱れるのか』を説明していきます。

 

『体質』『性格』『ライフスタイル』『ストレス』などが考えられています。

 

遺伝的に自律神経が乱れやすい人もいますし、完璧を求める人・
何事にも頑張りすぎてしまうような性格の人も
自律神経失調症になりやすいと言われています。

 

不規則な生活リズムも、
もちろん自律神経のバランスが乱れる原因となります。

 

そして最大の原因は『ストレス』だと言われています。

 

強いストレスを感じると、ストレスは脳の視床下部にまで伝わり、
働きを阻害します。

 

視床下部には自律神経に指令を出すという働きがあるのですが、
この指令がうまく出なくなるためバランスが乱れてしまうというわけです。

 

このように、自律神経失調症になる原因はたくさんある上、
わかりにくいものばかりです。

 

原因を特定するのは難しいかもしれませんが、
もしかして?と思うことがあったら、まずはそこから見直してみると良いでしょう。

 

次のページでは、自律神経の乱れを整えるプラセンタについてご紹介します!

 

いま話題の自律神経の乱れを整える「プラセンタ」とは?