自律神経失調症症状 チェック

自律神経失調症の症状をチェックしてみよう!

なんだか最近体の調子が良くない。
立ちくらみと動悸がひどくて病院へ行ったけど、貧血ではないと言われた。

 

明らかに『不調』があるにも関わらず検査では
異常が見つからないという場合、
もしかしたらそれは『自律神経失調症』かもしれません。

 

自律神経失調症とは、自律神経(交感神経と副交感神経)の
バランスが乱れるために、様々な症状を引き起こす病気です。

 

自律神経失調症の症状は多種多様で、
この症状があるから自律神経失調症だ!というような
『決定的な症状』はありません。

 

では、具体的にどのような症状があれば
自律神経失調症の疑いがあるのでしょうか。

 

自律神経失調症の疑いとなる症状

 

体に出る症状

 

めまい、立ちくらみ、すぐに疲れる、動悸、息切れ、
微熱、食欲不振、吐き気、胃のむかつき、頭痛、耳なり、
肩凝り、手足の冷え、手足のしびれ、ほてり、多汗、不眠、便秘、下痢

 

心に出る症状

 

イライラ、涙もろい、憂うつ、不安、
無気力、集中力低下、倦怠感

 

このような症状はありませんか?もちろんこれは症状の一部なので、
上記のいくつかが当てはまるからといって
必ずしも『自律神経失調症』だというわけではありません。

 

最初にお話ししたとおり、このような症状があり、
なおかつ『検査で異常がない』状態でなければ自律神経失調症とは呼びません。

 

頭痛やめまい、吐き気などは色々な疾患の初期症状であることも多いです。

 

様々な検査で可能性のある病気がすべて否定されたとき、
初めて『自律神経失調症』と診断されるのです。

 

次のページでは、自律神経の乱れを整えるプラセンタについてご紹介します!

 

いま話題の自律神経の乱れを整える「プラセンタ」とは?